アジア株下落:MSCI指数、弱気相場入りの方向-中国・香港安い

  • 米株指数先物やオーストラリア、韓国の株式相場も安い
  • 投資家の懸念は利益の伸び鈍化-メインステイ・キャピタルCEO

24日のアジア株式相場は下落。引き締め気味の金融環境の中で企業利益の先行き懸念から米株価指数先物も下げている。

  日本株に加え、中国本土や香港の主要株価指数が下げる中で、MSCIアジア太平洋指数はこのままいけば、弱気相場入りとなる。オーストラリアと韓国の株式相場も安い。

  メインステイ・キャピタル・マネジメントのデービッド・クドラ最高経営責任者(CEO)はブルームバーグテレビジョンの番組で、「米国株と世界の株式相場を巡り極めて大きな懸念が生じている。投資家の不安は利益の伸び鈍化だ」と述べた。

原題:Asia Stocks Resume Drop as U.S. Futures Slip: Markets Wrap(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE