サウジ皇太子、投資会議に姿を現す-コメントせずも拍手浴びる

  • ムハンマド皇太子は24日にスピーチを予定、内容不明
  • トルコ大統領はカショギ氏殺害を巡るサウジの説明を否定

サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は23日、リヤドで開幕した投資会議に姿を現した。笑みを浮かべた皇太子を聴衆は拍手で迎えた。聴衆の写真撮影のために皇太子がポーズを取る場面もあった。サウジは、同国政府に批判的なジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏殺害を巡るダメージを最小限にとどめようとしている。

リヤドの投資会議に姿を現したサウジアラビアのムハンマド皇太子(23日)

フォトグラファー:Fayez Nureldine / AFP via Getty Images

  カショギ氏殺害に反発する国際世論の広がりがサウジの投資会議「フューチャー・インベストメント・イニシアチブ」に影を落としており、かなりの数のバンカーや企業幹部、要人が出席を見合わせた。またこの日にはトルコのエルドアン大統領が同国議会で、カショギ氏殺害は入念に計画されたものであり、「地位がどれだけ高い」としても責任者を罰するべきだと述べ、二転三転するサウジの説明を否定した。

  エルドアン大統領は議員らに対し、「この殺人が偶発的なものではなく、計画された工作活動によるものであることを示す強力な証拠をわれわれは握っている」と述べた。

  サウジは「是正措置」を講じると直ちに表明。サルマン国王とムハンマド皇太子がカショギ氏の子息や兄弟と会い、弔意を伝えたと説明した。

  この日の投資会議の終わり近くに姿を見せたムハンマド皇太子は、ヨルダンのアブドラ国王の隣に座り、ほどなくして公の発言をすることなく、同国王と共に会議場を後にした。

  同会議の開催者によると、ムハンマド皇太子は24日にスピーチを行う予定。エルドアン大統領の主張に反論するかどうかは不明。

原題:Saudi Crown Prince All Smiles at Summit as Erdogan Cries Murder(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE