「永久に急成長し続けることは不可能」-米キャタピラーCFO

  • 7-9月の増収率は18%、17年4-6月期以来の低い伸び
  • 市場は神経質になっている-ボンフィールドCFO

キャタピラーのアンドルー・ボンフィールド最高財務責任者(CFO)は23日、急成長は永遠には続かないというメッセージを投資家に送った。同社の株価はこの日の取引で一時10%強下げた。

  キャタピラーは2018年の見通しを引き上げると期待していたアナリストを失望させた。7-9月(第3四半期)の増収率は18%と、2017年4-6月(第2四半期)以来の低い伸び。昨年7-9月期の増収率は25%だった。

  ボンフィールドCFOはインタビューで、「景気敏感な工業株というより大型成長株の1つでなければ、売上高が500億ドルの企業で永久に急成長し続けることは不可能だ」とコメントした。

ボンフィールドCFO

写真家:Jason Alden / Bloomberg

  同CFOは貿易戦争や金利上昇に言及した上で、今のところ単一のマクロ経済要因が同社の成長を鈍化させているわけではないと指摘。「市場は神経質になっていると思う。7-9月期の予想と結果は多くの人々にとって若干ネガティブだった。アウトパフォーマンスの程度もやや弱まった。こうした要因がすべて市場心理に影響していると思う」と語った。

原題:‘You Can’t Grow That Fast Forever’: Caterpillar Defends Results(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE