トランプ米大統領:カショギ氏殺害に対応する責任を議会に委ねる

  • 記者殺害巡るサウジの説明は「歴史上最悪の隠ぺいの一つ」と大統領
  • ポンペオ国務長官:殺害への関与が疑われる人物の入国禁じる

トランプ米大統領は23日、サウジアラビア政府に批判的だったジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏の殺害に対応する責任を議会に委ねると述べた。また、同氏殺害を巡るサウジの説明に矛盾があったと指摘し、「歴史上最悪の隠ぺいの一つだ」と同国を非難した。

  トランプ大統領はホワイトハウスの大統領執務室で記者団に対し、「最終的にわれわれが何をするかについては、私と連携する形で議会に委ねるつもりだ」と発言。また、どのようなペナルティーを科すかについて、超党派の勧告を望んでいると語った。

  ポンペオ国務長官はその後、米国はカショギ氏殺害に関与した疑いのある個人への措置を講じると言明。ただ具体的な氏名や国籍は明らかにしなかった。国務省のナウアート報道官によれば、米国は関与が疑われる21人のビザを取り消すか、発行を認めない。ポンペオ長官は、米国はこれら21人への制裁の可能性も検討していると話した。

原題:Trump Defers to Congress on U.S. Response to Khashoggi Killing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE