キャタピラー株大幅下落、見通しを嫌気-鉄鋼価格上昇や関税が影響

  • 通期見通し上方修正を期待していたアナリストらは失望
  • 工業セクター全体にとってもネガティブ-ウィリアム・ブレア

23日の米株式市場でキャタピラーの株価は大幅下落。鉄鋼価格上昇や米国の関税に伴うコスト上昇に関する警告をあらためて発したことが嫌気された。アナリストらは2018年見通しの上方修正を期待していた。

  この日のキャタピラー株の下げ率は一時10%に達した。同社は4月に1-3月(第1四半期)決算に関する電話会議で、第1四半期が「年内最高だろう」と説明したことで株価急落を招いていたが、今回も将来を不安視する投資家の売りに押された。

  米経済の指標的な企業であるキャタピラーの時価総額は今月に入ってから21%落ち込んだ。関税が金属コストを押し上げ、貿易摩擦が需要に対する懸念をあおっていることが背景。

  ウィリアム・ブレアのアナリスト、ラリー・デマリア氏は「これはキャタピラーにとってネガティブだろうが、高い期待を満たすことに苦戦している工業セクター全体にとってもだ」と指摘した。

  キャタピラーは当局への届け出で、最近導入された関税が7-9月(第3四半期)の業績に及ぼした影響は約4000万ドル(約45億円)だったと説明。通期の影響は1億-2億ドルの範囲の下限との見通しを示した。同社はディーラーに対し、国内外で来年1月から一部の価格を1-4%引き上げることを通知した。

  7-9月期の1株利益は一時的な項目を除いたベースで2.86ドルと、ブルームバーグ集計のアナリスト23人の予想平均である2.85ドルを上回った。通期の1株利益は11-12ドルとの見通しを据え置いた。アナリストらは11.65ドルを予想していた。

  キャタピラー株は7.6%安で終了。S&P500種株価指数の構成銘柄で値下がり率2位となった。

Sarah Hunt, portfolio manager at Alpine Woods, examines third-quarter results from Caterpillar Inc. and 3M.

デイブレイク:アメリカ。 "(出典:ブルームバーグ)

原題:Caterpillar Tumbles as Outlook Falls Short of Expectations (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE