コンテンツにスキップする
Photographer: Jerome Favre/

中国最大級ファンド、保有株を売却の用意-「世界の相場はピーク」

An electronic billboard displays stock information on the trading floor of the Hong Kong Stock Exchange in Hong Kong, China, on Friday, Dec. 20, 2013. China Everbright Bank Co. shares declined in their Hong Kong trading debut after the lender raised $3 billion in the city’s biggest first-time share sale this year to strengthen capital buffers.
Photographer: Jerome Favre/

中国政府系の資産運用会社、中国光大(チャイナ・エバーブライト)は、世界的に株式のバリュエーションがピークを付けたとの懸念から、保有株を売却する準備をしていることを明らかにした。同社の保有資産は1390億香港ドル(約2兆円)に上る。

Key Speakers And Interviews At The Wharton Global Forum

陳爽CEO

Photographer: Anthony Kwan/Bloomberg

  中国光大の陳爽最高経営責任者(CEO)が23日、中国・杭州でのインタビューで述べた。新規株式公開(IPO)を経て、その株式を売却する機が熟している企業が、同社のグローバルポートフォリオに20-30社あるという。どの銘柄を売却することになるのか具体的には言及しなかったが、「できるだけ早く」手放す予定だと語った。

  陳CEOは「米国を含め、世界の相場はピークを付けた。次の金融危機と混乱に備えるべきだ」とし、資産を積極的に売却するつもりだと述べた。中国光大は世界各地の300社余りの株式に投資している。

Asian shares slump dangerously close to bear-market territory

原題:One of China’s Biggest Funds Is Getting Ready to Dump Stocks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE