欧州委員会、イタリアの予算案を拒否-3週間以内の再提出を指示

  • イタリアは公然かつ故意に約束違反-ドムブロフスキス副委員長
  • 「プランBはない」-コンテ首相、予算案変更の意思ないと主張

欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会はイタリアの予算案を拒否した。EUが加盟国から提出された予算案を差し戻すのは過去に例がなく、数カ月にわたり市場を揺さぶってきた両者の対立はエスカレートする気配だ。

  この拒否でイタリア政府はいったん予算案を取り下げ、修正した上で再提出することが求められる。ただ、同国のコンテ首相は欧州委の発表直前に行われたブルームバーグ・ニュースとのインタビューで、政府内に予算案を変更する「プランB」の用意はないと主張していた。

  欧州委はイタリアのポピュリスト政権に対して、3週間以内に予算案を再提出するよう指示した。同委のドムブロフスキス副委員長(ユーロ・社会対話・金融安定)は、イタリアの公的債務残高が昨年で国内総生産(GDP)比131.2%に達していたことからより厳しい歳出目標が求められると指摘した。

  同副委員長はストラスブールで記者団に対し「他に選択肢はない」と言明。「イタリア政府はこれまでの約束を公然かつ故意に破ろうとしている」と非難した。歳出計画について今後数週間はイタリア政府と「集中的な対話」をすることになるだろうとも語った。

  一方、イタリアのディマイオ副首相は自身のフェイスブックでEUによる予算案拒否について「自分にとっては驚きではない。EUではなく、イタリア政府が策定した初めての予算だからだ」とコメント。「われわれの意思について、欧州委員会に敬意をもって説明を続けていく。われわれは正しい道を歩んでいる。止まることはない」と主張した。

原題:EU Hands Italy Unprecedented Budget Rebuke for Breaching Rules(抜粋)
Italy’s Di Maio: This Is First Budget Written by Rome, Not EU
Italy ‘Openly’ Flouts Euro-Area Budget Rules: EU’s Dombrovskis

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE