米ユナイテッド・テク:通期予想を引き上げ-航空市場の堅調続く

航空機エンジンやエレベーターの製造を手掛ける米ユナイテッド・テクノロジーズは、2018年の利益予想を引き上げた。航空市場の堅調が続いていることが背景にある。

  同社の23日発表によると、通期の調整後利益は1株当たり7.20-7.30ドルとなる見通し。従来予想の7.10-7.25ドルからレンジを引き上げた。通期予想の上方修正はこれで3四半期連続となる。

  7-9月(第3四半期)は航空機エンジンのプラット・アンド・ホイットニーの売上高が24%増。エレベーター部門のオーチスでは新規受注が9%増加した。

  第3四半期の調整後利益は1株当たり1.93ドルと、アナリスト予想の平均(1.82ドル)を上回った。

原題:United Technologies Raises Forecast as Aerospace Sales Climb(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE