トランプ氏、中米援助打ち切ると表明-移民集団北上で民主党を非難

  • 中米から米・メキシコ国境を目指す移民集団、7000人に拡大
  • 移民法改正に賛成しない民主党を非難してほしい-トランプ氏

トランプ米大統領は22日、グアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドルへの対外援助を打ち切るか、大幅に削減する考えを示した。中米から数千人の移民が米・メキシコ国境を目指し北上を続けていることが背景。

  トランプ大統領は11月6日の米中間選挙を前に不法移民を争点とすることを狙い、こうした中米からの移民の「キャラバン」は民主党に責任があると主張。「不法入国者や不法入国を試みる者のキャラバンを見るたびに民主党を思い出し、わが国のお粗末な移民法の改正に賛成票を投じない民主党を非難してほしい!」とツイッターに投稿した。

  援助の打ち切りはそれほど容易ではない。これら中米3カ国向けの援助資金の大半は、腐敗防止や望ましい統治を促進するプログラムといった形で米議会によって充当されたもので、議員の幅広い支持を得ているためだ。

米国に向かう移民集団と話すメキシコ連邦警察の警官(10月21日)

フォトグラファー:Pedri Pardo / AFP via Getty Images

  トランプ氏は先週、ホンジュラス出身者が大半を占める中米からの移民の流入が阻止されなければ、米国が中米諸国に対する「全ての」対外援助を打ち切ると表明していた。同氏は22日、移民集団には犯罪者や「身元不明の中東出身者」が含まれていると主張したが、その証拠は示さなかった。

北上する移民(メキシコ・チアパス州、10月21日)

フォトグラファー:Pedri Pardo / AFP via Getty Images

  トランプ氏の22日のツイートは、FOXニュースが移民集団の複数の映像を放映し、規模が7000人に拡大したと伝えたことを受けたもの。

原題:Trump Says He’s Ending Central American Aid Over Migrant Caravan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE