カショギ氏殺害のサウジ人チーム、事件後に故人の衣服着用か-CNN

サウジアラビア出身の反体制ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏が殺害された当日、事件に関与したとみられる1人がカショギ氏の衣服を着用している姿がイスタンブール周辺の監視カメラに映っていたと、CNNがトルコ当局幹部の話として報じた。

  CNNは警備用カメラの映像を入手したとしており、この映像にサウジ領事館裏口から出て行く男が映っていたという。この男は付けひげとだて眼鏡、カショギ氏の服を身につけていたが、靴はカショギ氏とは違うものだった。カショギ氏の服を着た男は、イスタンブールの有名なブルーモスクでもその後カメラに映っていた。

  ホワイトハウスと米国家安全保障会議(NSC)はコメントの要請に今のところ応じていない。

  カメラに映っていた男はカショギ氏と年齢、身長、体格がほぼ同じだという。CNNがトルコ当局の話として報じたところによると、この男はカショギ氏殺害計画を実行したサウジ人15人のメンバーの1人としてイスタンブール入りしていた。

原題:Alleged Saudi Decoy Wore Khashoggi’s Clothes, CNN Reports(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE