フィリップス:利益は予想に届かず-パーソナルヘルス部門が期待外れ

  • 調整後EBITAは5億6800万ユーロ-前年同期5億3200万ユーロ
  • 売上高は43億ユーロに増加し、同社の予想と一致

オランダのロイヤル・フィリップスの7-9月(第3四半期)利益はアナリストの予想を下回った。パーソナルヘルス部門の伸びも期待外れとなった。

  22日の発表資料によると、7-9月期の調整後EBITA(利払い・税金・償却控除前利益)は5億6800万ユーロ(約740億円)と、前年同期の5億3200万ユーロから増加。アナリストは5億8400万ユーロを見込んでいた。売上高は43億ユーロに増加し、同社の予想と一致した。

  利益に最も大きく寄与しているパーソナルヘルス部門の比較可能なベースの売り上げ伸び率は4%となった。今年後半にかけて改善するとしたフランス・バンホーテン最高経営責任者(CEO)の予想通りとなったが、アナリスト予想の5.3%には届かなかった。

原題:Philips Profit Misses Estimates on Slow Personal-Health Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE