中国の特別債、急増も景気浮揚乏しく-クラウディングアウト副作用も

  • 中央政府は景気てこ入れでインフラ特別債の発行加速を指示
  • 8月以降に発行された特別債全体の約42%、土地備蓄に回る

中国では景気の下支えに向け、インフラ整備目的の地方債発行が急拡大している。だが、肝心のインフラ事業が不足しており、民間セクターの資金調達に支障を来すクラウディングアウトも表面化している。

  中央政府は今年、景気をてこ入れするためインフラ向けの専項債(特別債)発行を加速するよう指示し、地方当局は積極的に対応。8、9月に発行が相次いだ結果、今年の目標(1兆3500億元=約22兆円)に対する進捗(しんちょく)率は先月末までに92%に達した。

  だが、ブルームバーグ・ニュースが債券データを分析したところ、8月以降に発行された特別債全体の約42%は、土地取得の際に農民に払う補償金や将来的な開発に充てられる「土地備蓄専項債」だった。つまり、借金が増えているわりには道路整備や老朽住宅の再開発に使われた場合に比べて景気浮揚効果は小さい。

  特別債の急増はクラウディングアウトという副作用も伴っている。他の形態の政府債利回りが上昇し、社債利回りも押し上げている。中国が対米貿易摩擦による影響から国内経済を守ろうとする中、これは景気を刺激せずに債務だけが増える可能性を高めることになる。

  華宝信託の聶文エコノミスト(上海在勤)は、「地方当局は支出を加速するよう求められる一方、控えているプロジェクトは十分ではなく、土地備蓄専項債が選好されている」と指摘。「投資への直接的なインパクトは限定的だ。地方政府にとって他の資金調達チャンネルが引き続き厳しく管理されるのであれば、特別債だけでは成長を取り戻すのは十分ではないだろう」と話した。

Soaring Special Debt

Source: People's Bank of China

Note: While the bonds have been sold since 2015, PBOC only releases data back to the start of 2017

原題:China’s $195 Billion Debt Splurge Has Less Bang Than You Think(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE