中国の習近平主席、民間セクターへの「揺るぎない」支援を表明

  • 株式相場低迷受け、政府高官が相次ぎ景況感てこ入れ図る発言
  • 中国の7-9月期経済成長率は2009年以来最低

Photographer: Brent Lewin/Bloomberg

Photographer: Brent Lewin/Bloomberg

中国の習近平国家主席は経済の先行き懸念を踏まえ、同国の民間セクターへの「揺るぎない」支援を表明した。

  習主席は起業家向けの書簡で、「民間経済を否定し弱体化させる言葉や慣行は間違いだ」と述べ、「民間企業の発展を支援することは、党中央委員会の一貫した政策だ」と強調した。新華社通信が21日に伝えた。

  中国は米国との貿易摩擦や株式相場の低迷など逆風が強まっており、19日発表された中国の7-9月(第3四半期)国内総生産(GDP)は2009年初め以来の低い伸びを記録した。こうした中、政府高官は19日に相次いで投資家の信頼感回復に向けた発言を行った。劉鶴副首相も同国が民間企業の発展を支援すると述べており、国務院のウェブサイトに掲載された発表文によると、20日の政策当局者の会合では経済の健全な発展を促進する措置を前倒しにする必要性に言及した。

原題:Xi Vows ‘Unwavering’ Support for Private Sector After China Rout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE