Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

メイ英首相、EU離脱交渉が「95%既に決着」と議会で説明へ

更新日時
  • メイ首相は離脱交渉の進捗状況について22日に議会で演説する
  • 英首相官邸が議会演説のテキストを電子メールで事前に公表した
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

メイ英首相は22日、欧州連合(EU)との離脱交渉が「95%既に決着した」と議会で演説する。英首相官邸が演説テキストを電子メールで事前に配布した。

  テキストによれば、メイ首相は離脱交渉の進捗(しんちょく)状況について、キプロスの軍事基地とイベリア半島南端にある英領ジブラルタルに関する取り決め、離脱後のEUとの紛争解決を含むテーマを巡り、過去3週間の協議で前進したと説明する。

  メイ首相「これら全てを考え合わせると、離脱合意とそのプロトコル(手続き)の95%が既に決着している。安全保障と運輸交通、サービスといった問題での重要な進展に伴い、(EUとの)将来の関係の範囲と枠組みで大筋合意した」と話す。

  メイ首相は与党保守党内から湧き上がる反対の声に何カ月もさらされ、EU離脱推進と残留支持の両方の議員らが追い落としをちらつかせており、今や最大限の政治的危機に直面している。そうした状況で議会を納得させようとする今回の演説は、EUとの合意成立の可能性が高まったと主張する内容だが、それを実現できる前に首相自身が退陣に追い込まれる危険も同時に高める恐れがある。

原題:U.K. Softens Brexit Red Line as May Faces Lawmaker Backlash(抜粋)

(演説テキストでの首相発言と背景を追加して更新します)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE