トランプ大統領が中間層向け「大規模減税」検討-中間選挙前に発表も

トランプ米大統領は、中間所得層向けの「大規模減税」を検討しているとし、来月行われる中間選挙の数日前に発表する可能性があると述べた。

  大統領は減税案の詳細については触れなかった。実施されれば、2017年の税制改革に続く措置となる。共和党議員らの間では当時、税制改革が奏功し、中間選挙では同党が議会での過半数維持を確実にできるとの期待が広がっていた。

トランプ大統領(10月20日、ネバダ州エルコで)

フォトグラファー:Nicholas Kamm / AFP via Getty Images

  ただ昨年の税制改革は主に富裕層や企業に恩恵をもたらし、財政赤字を膨らませる内容だとの批判が出ており、共和党議員が当初想定したほど同党の候補者の追い風になっていない。11月の中間選挙では、民主党が下院で過半数を獲得するとの見方が大勢だ。

  トランプ大統領は20日、ネバダ州エルコでの選挙集会後に記者団に対し、「中間所得層向けの大規模な減税を検討している」とし、「企業向けでは全くない。中間所得層向けだ」と強調した。

原題:Trump Considers Tax-Cut Sweetener Days Before Crucial Midterms(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE