米経済は堅調な成長続く、アトランタ連銀総裁が漸進的な利上げを支持

米アトランタ連銀のボスティック総裁は、米経済は金融政策の支援もあって堅調なペースで成長を続けているとし、漸進的な利上げ継続という金融当局の計画と整合しているとの見解を示した。

  総裁は20日、アトランタ連銀本部での対話集会で「経済は力強さを増し続けており、非常に前向きな成長を続けている」と指摘した。ボスティック総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持つ。

ボスティック総裁

フォトグラファー:David Paul Morris / Bloomberg

  さらに総裁は、リセッション(景気後退)の脱却から9年余り経つとし、政策当局の目標は「現在の経済情勢を可能な限り長期間維持する」ことだと説明した。

  また、直近の利上げによりフェデラルファンド(FF)金利誘導目標のレンジは2-2.25%に設定されたものの、金融当局が中立と捉える2.5-3%をなお下回っていると、総裁は指摘。「さらにあと2回の利上げ」が必要との認識を示した。

原題:Fed’s Bostic Sees ‘Positive’ U.S. Growth With Gradual Rate Hikes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE