米P&G:7-9月の実質売上高、5年ぶりの大幅増-スキンケア好調

米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が発表した7-9月(第1四半期)決算は実質売上高が5年ぶりの大幅な伸びを示した。スキンケア製品やヘルスケアブランドの好調が寄与した。

  買収や通貨などの影響を除いた本業ベースの実質的な売上高は4%増と、アナリスト予想の2倍以上になった。

  P&Gは地域別で米国が伸びを主導したと指摘。長らく低迷していたスキンケアの「オレイ」のほか、高級スキンケアの「SK-Ⅱ」がけん引役になった。

原題:P&G Soars After Posting Surprisingly Strong Sales Last Quarter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE