中国株:上海総合指数、2%上昇-1カ月ぶり大幅高に向かう

更新日時
  • 人民銀と銀保監会、証監会の各トップがマーケット支援で声明発表
  • このままいけば9月21日以来の大きな値上がり

19日の中国株式相場は上昇。上海総合指数が1カ月ぶりの大幅高に向かっている。中国人民銀行(中央銀行)と銀行保険監督管理委員会(銀保監会)、証券監督管理委員会(証監会)の各トップが同日、株安を受けてマーケット支援を表明した。

  上海総合指数は現地時間午後1時58分(日本時間同2時58分)現在、前日比2%高。このままいけば9月21日以来の大きな値上がりとなる。一時は1.5%下げていた。深圳総合指数も2%上昇。小型株から成る創業板(チャイネクスト)指数は終値ベースで8月以来の大幅高となる方向。

  この日発表された7-9月(第3四半期)の国内総生産(GDP)は前年同期比6.5%増と、予想を上回る減速となった。

原題:China Stocks Rise Most in a Month as Officials Pledge Support(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE