レバレッジドローン、市場規模でジャンク債抜く-リスク警告の中

  • FOMCも「金融安定にリスクをもたらす可能性」注視と明記
  • レバレッジドローンのリスク水準高まっているとマークス氏

レバレッジドローンについて警告する声が高まっているが、投資家は今のところ、耳を貸したくないようだ。市場規模は拡大し続けている。

  ブルームバーグのデータによれば、米ドル建てレバレッジドローンの残高は1兆2700億ドル(約143兆円)に達した。ここ1週間にジャンク債(高リスク・高利回り債)の市場規模を抜き、投機的格付け企業の資金調達手段としての地位を固めた。10月はレバレッジドローンの実行額が6月に次ぐ高水準になる見通し。一方、ジャンク債の発行は今月、2009年以来の鈍いペースになっている。

  レバレッジドローン市場の拡大は年初からのトレンドで、当局や著名投資家から警戒を促す声が出つつある。米連邦公開市場委員会(FOMC)は17日公表した最新会合の議事要旨で初めて、レバレッジドローン業界が「金融安定にリスクをもたらす可能性」を注視すると明記した。

  また、投資会社オークツリー・キャピタル・グループの共同会長、ハワード・マークス氏は9月の顧客向け文書で「高利回り債よりもレバレッジドローンの方が伸びている。リスクの水準も、高利回り債は横ばいだがローンでは高まっていると思われる」と記した。

Dethroning Junk Bonds

Outstanding dollar institutional leveraged loans surpass high-yield bonds

Source: Bloomberg Barclays U.S. Corporate High Yield Bond Index, loan data compiled by Bloomberg

出典:BIS

原題:As Fed to Oaktree Fret Risks, Leveraged Loans Hit New Milestone(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE