中国経済が減速、7-9月は6.5%成長-09年以来の低水準

更新日時
  • 4-6月GDPの6.7%増から伸びが鈍化
  • 景気減速は国内に原因、インフラ投資や自動車販売低迷-HSBC

中国経済は7-9月(第3四半期)に予想を上回る減速となった。9月の工業生産が低調だったほか、中国政府は「厳しい国際情勢」を指摘しており、景気の安定化と成長率目標の達成に向けた取り組みに課題が出ている。

  7-9月の国内総生産(GDP)は前年同期比6.5%増。ブルームバーグがまとめた市場予想は6.6%増だった。4-6月の6.7%成長から伸びが鈍化し、世界金融危機直後の2009年以降で最も小さな伸び率になった。

  9月の工業生産は前年同月比5.8%増加。市場予想は6.0%増だった。小売売上高は同9.2%増え、市場予想(9%増)を上回った。1-9月の都市部固定資産投資は前年同期比5.4%増。予想は5.3%増だった。

  貿易摩擦の激化や株安で先行きへの信頼感が損なわれており、中国経済は7-9月に強まる逆風に見舞われた。これを受けて当局は景気対策を強化したが、これらの措置はまだ効果を発揮しておらず、さらなる施策が必要となる可能性がある。

Growth and Industry Output Slow

While retail sales gets better

Source: National Bureau of Statistics

  国家統計局の毛盛勇報道官は19日の記者説明会で、国際情勢によって中国経済には「下押し圧力」が生じる一方、成長率はなお安定しており、6.5%前後という年間の成長目標達成に向かっていると述べた。

  HSBCホールディングスのアジア経済調査共同責任者、フレデリック・ニューマン氏(香港在勤)は、「中国経済は勢いを失いつつある。対米貿易摩擦のせいにするのは簡単だが、現在の景気減速は主に国内に原因がある。インフラ投資は縮小し、自動車販売は伸び悩んでいる」と指摘した。

  コメルツ銀行のシニア新興国市場エコノミスト、周浩氏(シンガポール在勤)は「今回の数字は力強いようには見えない。トレンドに基づくと、通年のGDPは6.5-6.6%増となる可能性がある」と指摘した。

  周氏は「依然として目標は達成できるだろう」とした上で、中国銀行保険監督管理委員会(銀保監会)の郭樹清主席や中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁の19日の声明によって、「GDPの数字の重要性が弱まった。それよりもむしろ、不安定な金融市場や低い市場の信頼感を指導部が懸念していることを示した」と述べた。中国の金融監督当局はGDP発表の直前、株式相場の下落を受けて投資家の信頼感回復に乗り出していた。

原題:China’s Economy Slows Amid Darker Outlook at Home and Abroad(抜粋)

(市場関係者のコメントなどを追加し更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE