ソフトバンクに90億ドル融資へ、IPO主幹事5社が合意

  • 野村HD、ゴールドマンなどがグローバル・コーディネーター
  • BofAは融資せず、融資条件はリスクが大きいと判断ー関係者

ソフトバンクの孫正義社長

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

ソフトバンクグループ(SBG)はビジョンファンド向けに約90億ドル(約1兆円)の融資を取り付けた。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。通信子会社ソフトバンクの新規株式公開(IPO)で主幹事を務める銀行などが貸し出しに応じたという。

  情報が非公開だとして匿名を条件に述べた関係者によると、野村ホールディングスゴールドマン・サックス・グループなど主幹事はビジョンファンドへの融資について最終的な条件を詰めている。ビジョンファンドの投資先のうち5件程度が担保として扱われるという。

  ブルームバーグ・ニュースが先週報じたところによると、野村HDやゴールドマンのほかにドイツ銀行、みずほフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループも通信子会社IPOのジョイント・グローバル・コーディネーターに選定された。関係者によれば、ドイツ銀とゴールドマンはそれぞれ約10億ドルの融資を約束した。

  関係者は担保となる投資先については言及しなかった。ソフトバンク、野村HD、ゴールドマン、ドイツ銀とみずほと三井住友Fの証券子会社の広報担当者らはコメントを避けた。

  2人の関係者によれば、ウーバー・テクノロジーズやオフィスシェア事業のウィーワーク、配車サービスの滴滴出行、半導体設計会社アーム・ホールディングスを含むビジョンファンドの出資先が、融資の潜在的な担保として挙げられている。
 
  SBGが準備を進める携帯子会社ソフトバンクのIPOでは約900億ドルのバリュエーション(株価評価)を模索しており、300億ドル相当の売り出しが実現した場合、アリババ・グループ・ホールディングが2014年に記録した250億ドルを抜き、過去最大のIPOとなる見通し。

バンク・オブ・アメリカ

  事情に詳しい関係者によると、ソフトバンク向け融資が3番目に大きいバンク・オブ・アメリカ(BofA)は、融資条件について余りにもリスクが大きいとの見方から、IPOで中心的役割を失うことを意味するとしても10億ドルの融資に応じないことを決めた。その他の銀行が提供するノンリコース融資は非上場企業の株式が裏付けとなる見通しから、ソフトバンクが債務返済をできなくなるか、銀行側が資金回収のため裏付け資産の売却を望むと、障害を引き起こす恐れがあるという。

  関係者によれば、融資を控える今回の判断は、BofAのトム・モンタグ最高執行責任者(COO)が経営幹部と協議の上、決定した。同行はソフトバンクのIPOでインターナショナル・ブックランナーに選ばれている。BofAの担当者はコメントしなかった。

  ソフトバンクは、主幹事としてIPOへの参加を希望するウォール街の銀行に対し、融資を提供するよう求めているとブルームバーグ・ニュースは報じていた。

  18日のSBG株は前日比142円(1.5%)安の9648円で取引を終えた。

原題:Banks Behind IPO of SoftBank’s Unit Said to Back $9 Billion Loan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE