新たな理論「ブラード・ルール」、米利上げの必要性ほとんど示さず

米セントルイス連銀のブラード総裁は一段の利上げに動く根拠はないとの見方を示し、その論拠として、「テイラー・ルール」など広く知られた政策参照ルールの改訂版ともいえる新たな理論を説明した。事実上の「ブラード・ルール」を提唱した格好だ。

  総裁が提唱したのは、失業率とインフレとの関連性の弱さや米国の人口高齢化、低インフレ期待といった過去20年間の情勢をテイラー・ルールに加味して調整したものとなっている。

ブラード総裁

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

  ブラード総裁は18日にテネシー州メンフィスで講演し、「そうした展開を組み入れることで時代に合わせた政策ルールは、現在の政策金利水準が当面適切であることを示唆する」と述べた。

  ブラード総裁は過去2年間、金融当局者の中で最もハト派寄りの姿勢を取っている。米経済は低成長が根強く続いており、政策金利を大きく引き上げる必要性はほとんどないというのが総裁の主張だ。

  総裁は「テイラー・ルールの現代版は、当面において相対的に抑制された政策金利軌道を推奨しており、セントルイス連銀が推奨する軌道と類似する」と述べた。

原題:There’s a New Bullard Rule That Finds No Need to Raise Rates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE