ECB次期総裁、バイトマン氏が候補なら歓迎ーオーストリア中銀総裁

  • バイトマン氏推さないのは独首相の深刻な政治的過ち-ノボトニー氏
  • メルケル首相はECB総裁より欧州委員長のポスト確保を優先

ドイツのメルケル首相が欧州中央銀行(ECB)次期総裁にドイツ連邦銀行総裁のバイトマン氏を推すことを本当に断念したなら、それは間違いだと、ノボトニー・オーストリア中銀総裁が述べた。

  ノボトニー氏はオーストリア紙とのインタビューで「バイトマン氏がECB総裁候補となることを私は歓迎しただろう」と語った。「バイトマン氏をECB総裁に推さないのはメルケル独首相の深刻な政治的過ちだと思う。ユーロ圏随一の経済大国の人間がECBを率いるのは良いことだ」と続けた。

  バイトマン氏はかねてから次期ECB総裁の最有力候補と見なされてきたが、メルケル首相が欧州委員長のポスト確保を優先する姿勢を鮮明にしたことから次期総裁レースで後退した。

誰が次期ECB総裁になるのか

原題:Weidmann Wins Nowotny’s Backing to Replace Draghi at ECB Helm(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE