LBO向け融資で銀行団が損失、BofAやゴールドマンなど-関係者

  • シスコシステムズのビデオテクノロジー部門買収のための融資だった
  • 融資条件は当初目指したよりはるかに借り手に不利な形で決まった

レバレッジド・バイアウト(LBO)向けの4億500万ドル(約455億円)の融資を取りまとめたバンク・オブ・アメリカ(BofA)を中心とする銀行団が損失を被った。事情に詳しい関係者が明らかにした。投資会社ペルミラ・ホールディングスによるシスコシステムズのビデオテクノロジー部門買収のための融資だった。

  「トリトン」という名前になった新会社への融資をまとめた銀行団にはソシエテ・ジェネラルとナティクシス、ゴールドマン・サックス・グループも参加していた。公に話す権限がないとして関係者が匿名を条件に語った。

  銀行側は7月下旬、融資4億1500万ドルのマーケティングを開始したが投資家からの反応は芳しくなく、融資条件は先週になって、当初目指したよりはるかに借り手に不利な形で決まったという。

  ペルミラとBofA、ソシエテの担当者はコメントを控えた。ナティクシスとゴールドマンに取材を試みたが応答はない。

原題:BofA-Led Bank Group Is Said to Lose Money on Private Equity Loan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE