Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

海外勢、日本株にチャイナショック以来の売り圧力-先物売越額最大

更新日時
  • 現物・先物合計で1兆8180億円売り越し、15年8月4週に迫る
  • TOPIX5%安、米国株急落でグローバルにリスク資産回避
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

10月2週(9-12日)の日本株市場で、海外投資家は現物・先物の合計で5週ぶりに売り越し、売越額は中国人民元の実質切り下げをきっかけに世界的な株安連鎖に見舞われた2015年8月のチャイナショック時以来、およそ3年2カ月ぶりの売り圧力を浴びせた。

  海外勢は現物で4週ぶりに売り越し、売越額は3290億円。先物は3週連続の売り越しで、売越額は1兆4890億円と14年3月のデリバティブ市場統合後、ブルームバーグのデータで遡及可能な08年以降では過去最大。現物・先物の合計売越額1兆8180億円は、15年8月4週(1兆8503億円)以来の高水準に膨らんだ。

  第2週のTOPIXは週間で5%安と大幅続落し、下落率は2月1週(7.1%)以来、8カ月ぶりの大きさを記録。米ダウ工業株30種平均が10日に800ドル超、11日に500ドル超急落するなどボラティリティーの急上昇を受け、市場では各資産のリスク割合を均等調整して運用するリスクパリティの売りが強まったとの見方が出ていた。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の古川真チーフ・ポートフォリオストラテジストは、同証のモデルによるリスクパリティの先進国株式ウエートは第2週に5.84%から5.16%に12%減ったと推定している。

  このほかの現物株動向は、売り越しで証券自己が2週連続、売越額は3798億円と2月1週(6630億円)以来の規模だった。信託銀行は4週連続(732億円)。買い越しでは個人が2週連続(6023億円)、投資信託が4週ぶり(1048億円)で買越額はともに2月1週以来の多さ。

  東京証券取引所が18日に発表した週間投資部門別売買動向 (東証、名証2市場の合計)による。現物株の詳細は以下の通り(単位:10億円)。先物は大阪取引所が発表した。

10月12日10月5日9月28日9月21日9月14日
売買(差引)
総計-24.1890.56929.51388.59325.652
自己計-379.833-248.831319.302891.278492.005
委託計355.644249.400-289.789-802.685-466.354
 外国人-329.040575.745377.071277.098-281.929
  法人-329.623575.241379.362284.030-278.209
  個人0.5830.504-2.291-6.932-3.720
 法人60.830-347.615-307.890-394.43940.982
  投資信託104.752-126.977-135.024-223.8059.289
  事業法人33.271-1.772-43.325-55.5895.846
  金融機関-82.259-224.487-153.328-111.73618.112
   生保・損保2.472-22.731-33.898-12.4455.532
   長銀・都銀・地銀等-8.438-34.880-43.410-16.981-25.672
   信託銀行-73.166-150.518-58.247-64.43727.600
 個人602.32921.029-336.398-669.898-220.399
 証券会社21.5240.241-22.572-15.446-5.008
買い
総計15,200.39516,747.37814,702.48715,638.94014,630.087
自己計2,255.2922,673.8372,603.2372,942.9223,187.482
  信用買比率0.0%0.0%0.0%0.0%0.0%
委託計12,945.10314,073.54212,099.25012,696.01811,442.605
 外国人9,314.81710,207.8238,830.2009,523.8818,344.344
  法人9,302.91910,195.3898,820.0829,515.6028,335.999
  個人11.89812.43410.1188.2798.345
 法人996.771887.921800.761925.258938.277
  投資信託375.363261.878210.355246.863259.748
  事業法人124.705128.458121.035109.405133.585
  金融機関467.312459.130413.004519.841513.141
   生保・損保23.57019.30210.73118.11127.810
   長銀・都銀・地銀等14.4799.8268.17615.29511.068
   信託銀行407.165411.061385.497470.068443.324
 個人2,544.6232,879.4042,387.1002,169.4442,074.148
  信用比率59.7%66.0%64.4%66.8%67.3%
 証券会社88.89298.39481.19077.43785.835
売り
総計15,224.58416,746.81014,672.97515,550.34714,604.435
自己計2,635.1252,922.6682,283.9352,051.6442,695.477
  信用売比率6.0%4.7%5.0%4.8%4.7%
委託計12,589.45813,824.14212,389.04013,498.70411,908.958
 外国人9,643.8579,632.0788,453.1289,246.7838,626.274
  法人9,632.5429,620.1488,440.7199,231.5738,614.208
  個人11.31511.93012.40915.21012.065
 法人935.9401,235.5361,108.6511,319.697897.295
  投資信託270.611388.854345.379470.668250.459
  事業法人91.434130.231164.360164.993127.739
  金融機関549.570683.617566.332631.577495.030
   生保・損保21.09842.03244.62930.55622.278
   長銀・都銀・地銀等22.91744.70551.58532.27636.740
   信託銀行480.331561.579443.743534.505415.724
 個人1,942.2942,858.3752,723.4982,839.3412,294.547
  信用比率66.5%62.0%58.0%57.5%63.3%
 証券会社67.36798.153103.76292.88290.843

注1:2013年7月16日に東証と大証が現物市場を統合した。 注2:金額の単位は10億円。

出所: 東京証券取引所

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE