Photographer: Galit Rodan/Bloomberg

マリファナ関連株、大半が下落-カナダの娯楽用大麻解禁初日

Photographer: Galit Rodan/Bloomberg

カナダが娯楽用マリフアナ(大麻)を解禁した17日の北米株式市場で、恩恵を狙うマリフアナ関連企業の株価はおおむね下落して始まり、上昇に転じて取引を終えた銘柄は一部だった。

  グリーン・オーガニック・ダッチマン・ホールディングスとピクサス・インターナショナルは共に4.2%高と、上げを主導。アフリアやキャントラスト・ホールディングスも高い。

  ピクサスは先週、シトロン・リサーチから業界再編で恩恵を受ける可能性がある銘柄の1つと指摘されていた。グリーン・オーガニックは3日ぶりに反発。オーロラ・カンナビスとの投資協定打ち切りが響き、ここ2日は下げていた。

  一方、セクターの大半の銘柄は下落のままで終了。カナダでは合法大麻が待望されていたが、高額な価格に関する不満も一部で出ている。クロノス・グループとキャノピー・リバーズ、ティルレイはいずれも6%超の下げとなり、ショッピファイも値下がりした。

原題:Few Pot Stocks See Gains as Canada Debut Underwhelms Market (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE