情報漏えい疑惑の米財務省高官を起訴、トランプ大統領の犯人捜しで

  • マナフォート被告に関わる不審な銀行取引報告書を記者に渡した疑い
  • 16日に起訴されたのはナタリー・M・S・エドワーズ被告

トランプ米大統領が進めている政権内の情報漏えい者捜しで、財務省高官が特定された。この高官はトランプ米大統領の元選対本部長、ポール・マナフォート被告や同被告の右腕だったリック・ゲーツ被告、ロシア工作員だったマリア・ブティナ被告に関わる不審な取引の銀行リポートをジャーナリストに渡したとして起訴された。

  16日に起訴されたのはナタリー・メイフラワー・サワーズ・エドワーズ被告(40)。政府高官が匿名で明らかにしたところでは、起訴の目的は、銀行が財務省に扱いに注意するよう求めた顧客の機密情報を保護する法律に違反すれば財務省が罰すると警告を発することだという。

  エドワーズ被告は17日に自宅近くのバージニア州アレクサンドリアの連邦裁判所に出廷。ブキャナン治安判事は同被告が公判まで引き続き身柄を拘束されないと述べた。

原題:Trump’s Crackdown on Leaks Snares Senior Treasury Official(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE