テスラが上海工場の建設用地確保、160億円-米国外で初の生産拠点

  • ギガファクトリー3用地として85万平方メートル余りの土地取得
  • 契約期間50年-「モデル3」や新型SUV「モデルY」生産を計画

The Tesla Motors factory in Tilburg, Netherlands

Photographer: Bloomberg/Bloomberg

Photographer: Bloomberg/Bloomberg

電気自動車(EV)メーカー、米テスラが米国外で初めての工場を設ける中国・上海で土地を確保した。使用料として9億7300万元(約160億円)を支払う。

  テスラは電子メールで配付した資料で、上海で「ギガファクトリー3」用地として広さ210エーカー(約85万平方メートル)余りの土地を使用する権利を取得したと説明。上海市政府のウェブサイトによると、契約期間は50年となっている。

  中国進出でテスラの成長戦略は新たな段階に入る。中国で外資系メーカーが全額出資の生産拠点を設けるのは同社が初めて。米中貿易摩擦による追加関税の影響を回避する上で極めて重要だ。中国本土はテスラにとって米国に次ぐ大きな市場。

  テスラは上海工場でバッテリーに加え、セダン「モデル3」と新型コンパクトスポーツタイプ多目的車(SUV)「モデルY」を生産する計画だ。

原題:Tesla Secures Land in China for First Car Plant Outside U.S. (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE