米コンステレーションのサンズCEO、来年退任-執行会長へ

  • 次期CEOはビル・ニューランズCOO兼社長
  • サンズ氏は加キャノピー・グロースへの投資を指揮した

アルコール飲料販売の米コンステレーション・ブランズは17日、ロブ・サンズ最高経営責任者(CEO)が来年退任すると発表した。10年余りCEOを務めているサンズ氏は3月1日付で執行会長となる。

   同社の資料によれば、次期CEOはビル・ニューランズ最高執行責任者(COO)。アルコール業界で経験を積んできたニューランズ氏は2015年にコンステレーションに入社。17年にCOOとなり、今年に入り社長職を兼任していた。

  サンズ氏は大麻を栽培・加工するカナダ企業キャノピー・グロースへの投資を指揮、米アルコール業界から初めて本格的に合法大麻事業に乗り出した。

原題:Constellation CEO to Step Aside Next Year, Handing Reins to COO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE