サウジ、カショギ氏失踪で迅速に行動する必要性を理解-米国務長官

  • ポンペオ米国務長官はリヤドを出発、トルコに向かう
  • G7外相はカショギ氏失踪に「非常に困惑」との共同声明発表

サウジアラビアは反体制派ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏失踪事件に対する調査を速やかに完了させる必要性を理解していると、ポンペオ米国務長官が語った。

サウジアラビアのリヤドを出発するポンペオ米国務長官(17日)

フォトグラファー:Leah Millis / AFP via Getty Images

  同長官は17日、サウジアラビアを離れトルコに向かうに際して記者団に対し、「サウジ側は徹底的かつ完全で透明な調査を実施すると言明」し、不正があった場合は誰であっても責任を問うと表明した。カショギ氏はトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館に入っていくのが目撃されて以来、行方が分からなくなっている。

  カショギ氏失踪を巡っては、主要7カ国(G7)外相が16日、「非常に困惑している」との共同声明を発表し、サウジが「発表したとおり、完全で信頼が置け、透明性のある迅速な捜査を行うことを期待する」と表明した。

  
原題:Saudis Know to Act Fast on Khashoggi Probe, Pompeo Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE