ロシュ:7-9月は前年同期比7%増収-「ハーセプチン」が健闘

スイスの製薬会社ロシュ・ホールディングの7-9月(第3四半期)は、主力製品の健闘で増収となった。17日の発表によると、売上高は前年同期比7%増の140億スイス・フラン(約1兆5900億円)。

  抗がん剤「ハーセプチン」が発売後20年で初めていわゆるバイオシミラー(バイオ後続品)の挑戦を受けたが、売り上げはほぼ変わらずだった。新しい多発性硬化症治療薬「オクレブス」の売り上げは増えたが、アナリスト予想には届かなかった。

原題:Roche’s Old Guard of Big Drugs Holds Up in Face of New Foes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE