NYのトップ1%は約4万人-1000万ドル以上稼ぐ独身177人

  • ニューヨーク市独立予算局が最近、16年の所得税データを公表
  • 2万5230人が16年に100万ドル以上の所得があったと申告
Guests attend a pool party in the penthouse apartment at 50 United Nations Plaza in New York, U.S., on Tuesday, June 07, 2016. Photographer: Michael Nagle
Photographer: Michael Nagle

ニューヨーク市民が申告した2016年の所得データを市の独立予算局(IBO)が最近公表した。どんな富裕層が全米最大の都市に住んでいるのか、垣間見ることができる。

ミリオンダラークラブ

  • 2万5230人が16年に少なくとも100万ドル(約1億1200万円)の所得があったと申告
    • この「ミリオンダラークラブ」の人々が申告した内訳は、調整後総所得(AGI)が1005億ドル、賃金・給料所得が337億ドル、実現キャピタルゲイン284億ドル、事業所得248億ドル、配当金・利息126億ドルだ

Sources of Income

Tax filers in the $1M+ club only made one third of the total nominal income from wages and salaries. They made more than the rest of the 3,774,979 filers combined in other categories of income.

Note: Tax year 2016

Source: New York City Independent Budget Office

1%クラブ

  • 納税上位1%になるには71万3706ドルを超える所得が必要。計3万8002人の税務申告者がこの「1%クラブ」の仲間だ。
    • そのうちの2115人が500万-999万9999ドルを稼いだ
    • 1412人が1000万ドル以上-そのうち177人が独身だと申告

Income Threshold by Percentile

Note: Tax year 2016

Source: New York City Independent Budget Office

リッチな子どもたち

  • 少なくとも50万ドルの所得があったと申告した市民には、計5万5479人の子どもがいる
    • 名目所得100万ドル以上で子どもがいると申告したのは1万3094人。これらの納税者には合わせて2万6511人の子どもがいる
    • 500万ドル以上の納税申告者の子どもは計4205人

Children in Ultra-rich Homes

A total of 55,479 children were reported by 28,719 of filers who made at least half a million in 2016.

Source: New York City Independent Budget Office

Note: Tax year 2016

New York City Income and Taxes

Comparison of income range, filers vs payers and personal income tax amount by income decile category (every 10 percent).

Source: New York City Independent Budget Office

Note: Tax year 2016

原題:Snapshot of New York City’s Most Privileged City Dwellers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE