イタリアの株と債券が上昇、連立政府が予算計画をEUに提出

  • イタリア2年債が上げ主導、利回りは約1週間ぶり低水準
  • 19年財政赤字は2.4%見込む、EUは1週間かけて最初の審査

16日の金融市場でイタリアの株と債券が値上がりした。政府が欧州連合(EU)に提出する予算案について合意したことを好感した。

  イタリア債は年限を問わず値上がりしているが、2年債が上げを主導した。イタリア株は続伸。予算案では2019年成長率が1.5%と、今年の1.2%から加速することを想定している。19年の財政赤字は国内総生産(GDP)の2.4%の見込み。EUは1週間をかけて最初の審査を行う。

  2年債利回りは11ベーシスポイント(bp)低下し1.35%と、約1週間ぶり低水準を付けた。10年債利回りは6bp低下の3.49%。ドイツ債とのスプレッドは298bpに縮小した。イタリア株の指標のFTSE・MIB指数は1.2%高。

原題:Italian Assets Advance After Coalition Submits Budget Plan to EU(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE