9月の訪日外国人が5年8カ月ぶりに減少、5.3%減-台風や地震影響

  • 香港と韓国からの訪問客数は2桁の減少率、中国は3.8%減
  • 東南アジアや欧米オーストラリアからの訪問者は増加傾向を維持

政府観光局は16日、9月の訪日外国人客数(推計値)が前年同月比5.3%減の216万人だったと発表した。台風21号の影響による関西空港の閉鎖や北海道胆振東部地震などによる航空便の欠航やキャンセルなどが影響し、2013年1月以来5年8カ月ぶりに前年同月を下回ったことを明らかにした。

訪日外国人が5年8カ月ぶりに減少

訪日外国人客数の対前年同月の変化率

  国・地域別に見ると減少率が2桁になったのは香港(24%)と韓国(14%)で、最も多い中国からの訪問客数は3.8%減の67万8313人だった。台風21号上陸後に関西空港が閉鎖したことなどが大きく影響したとしている。

  • 地域別シェアを見ると東アジアが全体の73.5%-3.2ポイント減少
  • 欠航があったにもかかわらず東南アジア市場、英国を除く欧米オーストラリアからの訪日者数は増加
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE