米GE、超音速ジェットエンジンの初期設計完了-アエリオン向け

From
  • アエリオンは10年以上にわたり超音速ジェット開発を進めている
  • 「AS2」は23年の初飛行、25年の商用運航開始を目指す

米ゼネラル・エレクトリック(GE)が超音速旅客機エンジン「アフィニティ」の初期設計を終えた。このエンジンはテキサスの資産家ロバート・バス氏が出資するスタートアップ企業、アエリオンが10年以上にわたり開発を進めている超音速ビジネスジェット「AS2」向け。

アエリオンのAS2

出典:Aerion

  GEは15日の発表資料で、この半世紀でプライベートジェット機のスピードは平均10%しか向上しなかったが、アフィニティは数時間単位で飛行時間を短縮する設計になっていると説明した。AS2は座席数が12となる予定。2023年の初飛行、25年の商用運航開始が目標。

アエリオンのAS2

出典:Aerion

原題:Supersonic GE Engine Buoys Billionaire’s Goal of Fast Luxury Jet(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE