ブルガリの家に住もう-世界の超富裕層はブランド住宅がお好き

  • 世界で400超のブランド住宅プロジェクトがある-ナイトフランク
  • タイでは全新規住宅開発の4割近くがブランド事業

世界中のスーパーリッチは、頭のてっぺんからつま先までブランド品に身を包むのが大好きだ。最近はブランド好きが高じて、アルマーニやブルガリ、フォーシーズンズといったブランドの超高級住宅が人気を集めている。

  不動産コンサルティング会社ナイトフランクのリポートによれば、世界には今、400を超えるブランド住宅プロジェクトがある。ノンブランドの住宅と比べバンコクでは最大で132%高く、クアラルンプールでは69%高い。タイでは全新規住宅開発の4割近くが現在、ブランド事業だという。

ドバイの「ロイヤルアトランティス」

出典:Knight Frank Asia Pacific Pte Ltd

  誰もが住みたいと望んでいるのが、JWマリオットやフォーシーズンズ、ヴェルサーチ、アマンリゾートというホテルブランドの住宅だ。最高級ホテルと同じサービスが売りで、専用シェフやルームサービスメニュー以外の注文が可能、24時間のコンシェルジュサービスが提供される。

  ブランド住宅が最も集中しているのがドバイだ。Wやジュメイラ、ブルガリなどが参入している。オーストラリアは毎年1万人ほどの富裕層を引き付けており、海に面したシドニーに多くが移り住む。

シドニーにある「ワン・バランガルー」のペントハウス

出典:Knight Frank Asia Pacific Pte Ltd

  ナイトフランクのパートナー、エリン・バントゥイル氏はシドニーの「ワン・バランガルー」についてノンブランド住宅に対して25ー35%のプレミアムが付くと指摘。ナイトフランクのグローバル調査責任者リアム・ベイリー氏はこうした不動産は手軽な投資対象になり得ると述べ、買い手が住まなければ賃貸物件として活用できると説明。しかも相場が下振れする時期にあっても値崩れしにくい傾向にあるという。

ロンドンの「ワン・ハイドパーク」

フォトグラファー:写真を見る/ UIG経由でゲッティイメージズ

  その1例がマンダリンオリエンタルのブランド住宅から成るロンドンの物件だ。「ワン・ハイドパーク」の最上階住宅が今月、1億6000万ポンド(約236億円)で売れた。

原題:A Bvlgari or Aman Branded Home Is Latest on List for Super Rich(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE