フィリップス曲線「昏睡から目覚めつつある」-フィンランド中銀総裁

  • 「コアインフレ率に関する最新統計には若干失望した」
  • ECB政策委のレーン氏はバリ島でインタビューに答えた

失業とインフレの関係を示す「フィリップス曲線」復活の兆候があると欧州中央銀行(ECB)政策委員会のレーン・フィンランド中銀総裁はみている。

レーン・フィンランド中銀総裁(14日、バリ島で)

フォトグラファー:SeongJoon Cho / Bloomberg

  レーン氏はインドネシアのバリ島でのインタビューで、「フィリップス曲線が昏睡(こんすい)から目覚めつつある幾つかの兆しが見て取れる」と述べた。同曲線は「生きているだろうが、現時点ではとても生き生きとしているようではなさそうだ」とも話した。

  フィリップス曲線のモデルによれば、失業率の低下が続いているユーロ圏ではずっと前に物価圧力が高まっているはずだが、賃金が上昇し始めても物価は落ち着いたままだ。

  レーン氏は「コアインフレ率に関する最新統計には若干失望した」と述べた上で、「これから基調にあるインフレがどのようにして顕在化していくのかわれわれは非常に注意深く見ていく必要がある」と指摘した。バリ島では国際通貨基金(IMF)・世界銀行年次総会など一連の関係会合が開かれている。

  ECBは政策金利を少なくとも2019年の夏の終わりまで据え置くと表明している。レーン氏は来年の「夏いっぱいというのは非常に明確だ。その点に相違はない」と語った。

ビルロワドガロー仏連銀総裁(14日)

Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

  ビルロワドガロー・フランス中銀総裁はバリ島での14日の講演で、ECBの政策ガイダンス明確化を急がないと説明。一方、オランダ中銀のクノット総裁はユーロ圏経済が予想に沿って展開すれば、利上げの前倒しを検討するかもしれないとの認識を示している。

原題:ECB’s Rehn Sees Phillips Curve Slowly ‘Waking From Its Coma’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE