ウォルマート、動画サービスのオンライン店舗を計画-アマゾンに対抗

  • 動画サービス「ブードゥー」の顧客に追加サービスの提供を検討
  • 数億人の顧客をオンラインサービスのユーザーに変えることを目指す

小売り世界最大手の米ウォルマートは、他社の動画サービスを販売するオンライン店舗の設立を計画している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。米アマゾン・ドット・コムとの競争で新たな領域を開拓する。

  交渉が非公開として匿名を条件に語った関係者によれば、ウォルマートは複数のメディア企業に各社のストリーミングサービスを再販することについて打診している。ウォルマートの動画サービス「ブードゥー」の顧客が、「HBOナウ」や「ショータイム」、「スターズ」などの追加サービスの料金を支払って利用できるようにすることが検討されている。協議はまだ予備的で、ウォルマートの計画が変わる可能性もある。

  同社は実店舗の数億人の顧客をオンラインサービスのユーザーにすることを目指している。同社はコメントを控えた。アマゾンは既に同様のオンライン店舗「チャンネルズ」を運営している。

原題:Walmart Is Said to Plan Competitor to Amazon’s Video Marketplace(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE