トランプ米大統領:財務長官のサウジ経済フォーラム出席は不確定

  • ムニューシン長官は予定通り参加するかどうか19日までに判断
  • サウジ記者失踪の背後に「ならず者の殺人者たち」-トランプ氏

トランプ米大統領は15日、サウジアラビアで開催される経済フォーラムにトランプ政権高官が参加するかどうかは現時点では分からないと述べた。サウジの反体制派ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏の失踪事件が背景にある。

  トランプ政権からはムニューシン財務長官がリヤドでの同フォーラムに出席する予定だったが、同大統領は参加するかどうか19日までに判断すると説明した。ハリケーン被害に見舞われたジョージア州を訪問した際、記者団に語った。

  ムニューシン長官は先週12日時点では予定通り参加すると語っていた。「フューチャー・インベストメント・イニシアチブ」(通称「砂漠のダボス会議」)については、これまでにJPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)やウーバー・テクノロジーズのダラ・コスロシャヒCEOらが参加を取りやめた。事情に詳しい関係者によると、ブラックストーンのスティーブ・シュワルツマンCEOとブラックロックのラリー・フィンクCEOも出席をキャンセルしたという。

  トランプ氏は、「参加についてわれわれはまだ決定を下していない」と述べ、ムニューシン長官が「19日より前に判断することになる」とした。

  大統領はこれに先立ち、ポンペオ国務長官をサウジに派遣しサルマン国王と会談させるとツイッターに投稿。カショギ氏失踪の背後には「ならず者の殺人者たち」が存在する可能性を指摘した。

サウジ国王との電話会談について語るトランプ大統領

(出所:Bloomberg)

原題:Trump Says U.S. Attendance Uncertain at Saudi Investment Meeting(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE