米財政赤字6年ぶり高水準、18会計年度-トランプ氏初の通年

更新日時
  • 財政赤字は17%増の7790億ドル、GDP比は3.9%に上昇-財務省
  • CBO予測では19年度は9730億ドル、20年度は1兆ドル超の赤字

トランプ米政権として初めての通年の会計年度で財政収支は7790億ドル(約87兆1500億円)の赤字と、赤字額は2012年以来の高水準となった。減税や歳出増加が影響した。

  米財務省が15日発表した2018会計年度(17年10月-18年9月)の財政赤字は前年比17%増加。歳出が3.2%増えた一方、歳入は0.4%増にとどまった。財政赤字の国内総生産(GDP)比は3.9%と、前年度に比べ0.4ポイント上昇した。

Yawning Gap

The U.S. budget deficit is approaching the $1 trillion mark again

Source: Treasury Department and data compiled by Bloomberg

Note: Fiscal years

  
  財政赤字は近年、増加し続けており、21兆5000億ドルを超える米国の債務が制御不能になるとの懸念が強まっている。米財務省は今月、18年度に政府が支払った金利が計5230億ドルと、過去最高を記録したことを明らかにした。

  数週間後に中間選挙を控える中での米財務省の今回の発表は、共和党は米国財政のより良い管理者だと長年主張してきた同党の論拠を弱めかねない。トランプ大統領は財政赤字の増大を民主党のオバマ前政権の責任と批判してきたが、議会予算局(CBO)の予測では19年度も歳出が歳入を9730億ドル上回り、20年度には財政赤字が1兆ドルを超える見込み。予測通りなら、米経済が大不況から回復途上にあった12年度以来の1兆ドル超えとなる。

  共和党主導でまとめた減税や連邦支出の拡大、人口高齢化が財政圧迫要因だが、共和党は今年実施された税制改革で経済成長に拍車が掛かり、政府の歳入を押し上げると主張している。財務省のデータによると、法人所得税収は18年度に31%減少した一方、個人所得税収は6.1%増加した。

原題:Trump’s First Annual Budget Deficit Rises to a Six-Year High (2)(抜粋)

(財政赤字のGDP比やCBOの予測を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE