トランプ大統領のFRB批判は有害、賢明でない-イエレン前議長

  • 大統領発言、FRBの行動を変えるとは思わない-イエレン氏
  • 米金融当局は景気を過熱も抑制もさせない水準に金利引き上げを

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン前議長は、米金融政策に対するトランプ大統領の批判は機関としてのFRBを脅かすとして、「大統領がFRBの政策についてあからさまにコメントするのは望ましくない」と注意を促した。

イエレン前FRB議長

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  今年2月にFRB議長を退任したイエレン氏は、ワシントンで15日、「FRBの政策を政治化し、ないがしろにするのは、連邦準備制度と金融の安定を本質的に損なう」と発言。「大統領らが政策について意見したいと考え、そうすることを選択するならそれが可能なのは明白で、それを阻む法はない。だが、賢明ではないと考える」と続けた。

  イエレン氏は後任のパウエル議長を擁護し、FRBは政治とは無関係で独立していると指摘。「トランプ大統領の発言がFRBの行動を変えるとは思わない」と語った。

  現在の景気見通しに触れ、米経済の3%成長は「素晴らしい」が、長期的な潜在成長率を押し上げる政策なしでは持続は難しいだろうとの見方を示した。さらに、米金融当局は景気を過熱も抑制もしない水準に、金利を引き上げるべきだとイエレン氏は論じた。

原題:Yellen Says Trump Criticism of Fed Policy Is Damaging and Unwise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE