BofAの従業員数、カントリーワイドとメリル取得以前の水準に縮小

バンク・オブ・アメリカ(BofA)はコスト削減策が7-9月期(第3四半期)に新たな目標を達成した。

  BofAの従業員数は第3四半期に3000人超減少し、20万4681人まで縮小した。これは、サブプライムローンを提供していたカントリーワイド・ファイナンシャルと投資銀行のメリルリンチを金融危機時に買収する以前の2008年第2四半期よりも少ない。

  同行の従業員数はカントリーワイドとメリルの買収後に4万人余り増えたが、数年間かけて住宅ローン事業を縮小したほか、必要な従業員数を抑えるためにテクノロジーを導入し、大幅に膨らんだ人員を縮小した。

Shrinking Staff

BofA has cut more than 80,000 jobs over the past seven years

Source: Company filings

原題:BofA’s Staff Now Smaller Than Before Buying Countrywide, Merrill(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE