アジア株下落、リスクオフの動き広がる-香港・中国の下げ目立つ

  • 上海総合指数、1.5%安-香港ハンセン指数は1.4%値下がり
  • 台湾とベトナム、豪州の主要株価指数の下げも大きい

15日のアジア株式相場は下落。地政学的懸念が重なり、投資家の間にリスクオフの動きが広まった。

  MSCIアジア太平洋指数は香港時間午後4時27分(日本時間同5時27分)現在、前週末比1.1%安。日本株が大きく売られたほか、中国本土市場では上海総合指数が1.5%下げて引けた。深圳総合指数は1.2%下落。

  香港のハンセン指数は1.4%安で終了。香港上場の本土銘柄から成るハンセン中国企業株(H株)指数は1.5%値下がり。台湾の加権指数は1.4%安、ベトナムVN指数は1.9%下落、オーストラリアのS&P/ASX200指数は1%安となった。

原題:Asian Stock Markets Fall. And There’s a Slew of Reasons Why(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE