Photographer: Daniel Acker

米シアーズ、破産法の適用申請-オンライン販売に顧客奪われ

更新日時
Photographer: Daniel Acker

創業125年の老舗米小売業者シアーズ・ホールディングスは、多額の債務を抱え連邦破産法の申請に追い込まれた。オンライン販売の急速な台頭に対応できなかった。

  シアーズは15日早く、ニューヨーク州ホワイトプレーンズの連邦破産裁判所に破産法11条の適用を申請した。エディ・ランパート最高経営責任者(CEO)は直ちに辞任する。シアーズの発表資料によると、ランパート氏が経営するヘッジファンドのESLインベストメンツは、資金調達交渉に入っているほか、「店舗の大部分」の購入に関して協議している。シアーズの従業員数は約6万8000人。

エディ・ランパート氏

写真家:Amanda Gordon / Bloomberg

  「シアーズ・ローバック」としてスタートし、カタログ販売で有名となったシアーズは、第2次世界大戦後の数十年にわたり、中産層の増加とともに事業を拡大させてきた。だがアマゾン・ドット・コムなどオンライン販売業者の台頭に伴う消費者の買い物スタイルの変化についていけなかったほか、巨額債務の影響で事業好転に向けた取り組みも順調に進まなかった。

  8月4日時点でシアーズの負債は約113億4000万ドル(約1兆2700億円)、資産は約69億4000万ドル。

原題:Sears Goes Bankrupt, Deserted by Shoppers and Mired in Debt (3)(抜粋)

(背景などを追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE