ソフトバンク株が急落、サウジ記者の行方不明問題への懸念増大

更新日時
  • 今後のビジョン・ファンドに潜在的なリスク-アナリスト
  • 孫氏、シリコンバレーで冷遇される可能性も-キングストン教授

Pedestrians walk past a SoftBank Group Corp. store in Tokyo, Japan,.

Photographer: Akio Kon/Bloomberg
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

15日の東京株式市場でソフトバンクグループ株価が急落した。サウジアラビア出身のジャーナリストがトルコのサウジ総領事館に入った後に行方不明となった問題が長期化しており、市場ではサウジとの関係が深いビジョン・ファンドの先行き不透明感を懸念する声も出ている。

  前営業日比1%安で始まった後も売りが先行し、一時8.1%安の9164円まで下落した。終値は7.3%安。売買額は東京市場全体でトップの約1651億円で、2位のファーストリテイリングの倍以上の規模に膨らんだ。

  ソフトバンクの孫正義会長兼社長が推進しているビジョン・ファンドはサウジの政府系ファンドから450億ドル(約5兆円)の投資を受けている。同国のムハンマド皇太子は今月上旬のブルームバーグとのインタビューで、孫氏が構想する第2のビジョン・ファンドにも新たに450億ドルを出資する方針を明らかにしており、サウジ頼みのビジョン・ファンドが、今回の問題によってリスクとなることが懸念されている。

  ソフトバンク広報はコメントを控えた。サウジのムハンマド皇太子は同国出身のジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏が何事もなく総領事館を後にしたと述べたものの、この主張を裏付ける証拠は示していない。

孫氏とムハンマド皇太子

Photographer: Jeenah Moon/Bloomberg

  英サンフォード・C・バーンスタインのアナリスト、クリス・レーン氏は「もしサウジが記者の殺害に関与していたとすれば、多くの投資家たちはサウジからの資金を受けることは望まないだろう」と指摘。ビジョン・ファンドの今後の投資が前に進まなくなり、孫氏が計画する第2のビジョン・ファンドにとっても潜在的なリスクになるとの見方を示した。

  調査会社コンステレーション・リサーチの創業者、レイ・ウォン氏は「情報の開示と解決策が必要」とし、「テック企業やその従業員の間には、社会的な道義心として、この新しい枠組みに誰が資金を出すのかという点についての意識が高まっている」と話した。

  テンプル大学日本校のジェフ・キングストン教授は孫氏が今後「シリコンバレーで冷遇されることになる」と指摘。「シリコンバレーの若きベンチャーキャピタリストたちは世界をよりよい場所にしたいという精神があり、サウジが関わっているという暗いビジョンは受け入れられるものではない」と述べた。

  トランプ米大統領は、カショギ氏失踪への関与を否定しているサウジの主張は受け入れがたいとの立場を固めており、同国への制裁を検討している。また、サウジ政府は、懲罰的措置を受けた場合には、自国の影響力を行使して報復することを示唆している。

原題:SoftBank’s Son, Saudi’s Prince and a $22 Billion Test of Values(抜粋)

(ソフトバンク株価を更新し、同社コメントなど追加しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE