Photographer: JOHANNES EISELE/AFP

ロンドン・上海株式市場接続、中国が最新ルール案を公表

  • 中国証監会が預託証券の株式交換ルールを緩和
  • もう一方の市場で預託証券を発行する道が開かれた
Photographer: JOHANNES EISELE/AFP

中国は、上海とロンドンの証券取引所の重複上場プログラムの最新規定案を発表した。現在どちらかの取引所に上場している企業がもう一方の市場で預託証券を発行する道が開かれた。

  中国証券監督管理委員会(証監会)の12日の発表資料によると、重複上場プログラムに参加するためには最低基準を満たす必要があるほか、発行証券数に上限が課される。詳細は明らかにしなかった。投資家は新規上場の120日後からロンドン上場預託証券を株式に交換できる。これまでのルール草案では新規上場の6カ月後からとされていた。また新たなルールは、株式と預託証券の発行価格の差を制限している。

原題:China Issues Latest Proposals for Shanghai-London Stock Connect(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE