イタリア予算、欧州委が審査へ-「著しい逸脱」と判断なら是正要求も

  • ポピュリスト政権の19年予算計画が欧州委に15日までに提出される
  • 連立政権は最低所得保障や減税、退職年齢引き下げを取り下げぬ意向

イタリアのポピュリスト連立政権が策定した2019年の予算計画が、欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会に15日までに提出される。

  イタリア政府から相反するメッセージが発信され、市場が動揺し、EU財政基準に支出計画が違反するとの早期の警告が発せられる状況が数週間続いた後、財政負担の大きい選挙公約の諸施策を盛り込んだ予算計画の審査を欧州委が正式に開始する。

  ポピュリスト政権にとって、それは連立合意を実行できるかどうかという意味だけにとどまらない。欧州議会選挙を来年5月に控えて、ブリュッセルのEU官僚に勝利できることを有権者に示す必要がある。

  右派政党「同盟」の書記長を務めるサルビーニ副首相兼内相は、北イタリアで行われた週末のイベントで支持者らに対し、「誰もがわれわれを狙い撃ちにしており、ニュース速報が流れない日は1日たりともない。欧州委も、イタリア銀行(中央銀行)も、会計検査当局も、統計機関もわれわれがこれを行うことはできないと主張している。ブリュッセルに行き、決めるのは彼らではなくイタリア国民だと言う力を皆さんの投票が私に与えている」と述べた。

  サルビーニ副首相と、反エスタブリッシュメント(既存勢力)政党「五つ星運動」の党首であるディマイオ副首相兼経済発展相は、貧困層への最低所得保障と減税、退職年齢の引き下げといった政策を撤回する考えはないと強調し、欧州委に繰り返し抵抗してきた。

  イタリアのコンテ首相はEUが17、18両日に開く首脳会議で、ドイツのメルケル首相やフランスのマクロン大統領、欧州委のユンケル委員長らに自国の政府の状況について説明を試みる。

  イタリアの財政が著しく軌道を逸脱する危険があると欧州委が判断した場合、1週間以内に同国政府に警告し、2週間以内に予算の是正を求める意見表明を行う必要がある。

Off Track

Italy’s government plans to widen its deficit

Source: Italian Ministry of Economy

原題:Italy’s Populist Budget Lands in Brussels Posing Dilemma for EU(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE