ヘッジファンド、先週の米株急落前にネットロング積み上げ

  ヘッジファンドは先週の急落の前に、米国株のロングポジションを2月以来の高水準に増やしていた。米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、ヘッジファンドなど投機筋は9日までの週にS&P500種株価指数のeミニ先物のネットロングポジションを4週連続で積み増し、過去5年で2番目の大きさとした。これらのポジション解消の動きが売り圧力を増幅させ、大きな下げにつながった可能性がある。S&P500種は10、11日の2日間で約5%下落した。

原題:Hedge Funds Got Caught Long and Wrong Before Stock Slump: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE