中国の崔駐米大使:貿易戦争は望まないが、仕掛けられれば対応する

  • 「われわれは反応し、わが国の利益を守らざるを得ない」と崔氏
  • 米副大統領が示唆した中国による米国内問題への干渉は「事実無根」

中国の崔天凱駐米大使はいずれかの国が中国に「貿易戦争」を仕掛けるなら、対応せざるを得ないと語った。

  崔大使は「FOXニュース・サンデー」に出演し、「われわれが貿易戦争を望んだことは決してないが、誰かがわが国に貿易戦争を仕掛けるなら、われわれは反応し、わが国の利益を守らざるを得ない」と発言した。同大使のテレビ番組への出演は異例。

  さらに中国が米国の国内問題への干渉を画策しているとペンス米副大統領が示唆した問題について、崔氏は「事実無根」だと否定した。

  ホワイトハウスのクドロー国家経済会議(NEC)委員長はFOXニュース・サンデーで、11月末にアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開催される20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて、トランプ米大統領と中国の習近平国家主席が「会談する可能性が高い」と述べ、進め方や議題が検討されていることを明らかにした。

  崔大使はトランプ大統領と習国家主席との過去2回の首脳会談に居合わせたとした上で、首脳同士のコミュニケ-ションが、関係を前進させる意味で「掛け替えのない重要な役割」を果たしたと説明。現在の緊張にもかかわらず、両国には「実務上の良い関係」があるとの認識を示した。

中国の崔天凱駐米大使

フォトグラファー:Chris Kleponis / AFP via Getty Images

原題:Chinese Ambassador Vows Beijing Will Defend Its Own Interests(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE