コンテンツにスキップする
Photographer: Sean Proctor/Bloomberg
cojp

米経済は「ホット」から平凡への転換点に-ブリッジウォーターCIO

  • 株価評価には多くの楽観が織り込まれているとプリンス氏
  • 力強い経済成長と企業業績がピークに達しつつある可能性あると同氏
Robotic arms operate on the bed frame of a truck at the Ford Motor Co. Dearborn Truck Plant in Dearborn, Michigan, U.S., on Thursday, Sept. 27, 2018. Ford Motor Co. is watching trade talks closely. With almost 40 percent of its revenue coming from outside North America and factories in Mexico and Canada, the second-largest U.S. automaker has a lot at stake in the outcomes of the Trump administration's myriad negotiations and tariff schemes.
Photographer: Sean Proctor/Bloomberg

世界最大のヘッジファンド運営会社ブリッジウォーター・アソシエーツのロバート・プリンス共同最高投資責任者(CIO)は、米金融政策の引き締めが消費活動の重しとなり、市場への圧力が高まり始めており、米経済は今後減速するとの見通しを明らかにした。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT、オンライン版)とのインタビューで語った。

relates to 米経済は「ホット」から平凡への転換点に-ブリッジウォーターCIO

ロバート・プリンス氏

出典:Bloomberg Television

  プリンス氏は最近の市場の混乱について、金利が上昇し、減税による押し上げ効果が薄れる状況で、今年これまでの力強い経済成長と企業業績がピークに達しつつある可能性が高いという投資家の認識が引き起こしたものだと指摘した。

  同氏は「株価のバリュエーション(評価)には、将来の利益の伸びを巡る多くの楽観が織り込まれている。だが、景気がホット(好調)から平凡な状態に移行する潜在的な転換点にわれわれは差し掛かっている」と発言。「恐らく大幅な下降ではないだろうが、金融引き締めがより大きな圧力を生じさせかねない段階に今や近づきつつある」と述べた。
  

原題:Bridgewater’s Prince Says U.S. Economy Could Turn ‘Mediocre’: FT(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE